FUTABA フタバ産業株式会社

  • 標準

CSR・環境情報

環境への取り組み

環境方針

私たちは、様々な資源、エネルギーを使用し、「モノづくり」をはじめとする企業活動を展開しています。その中で全従業員一人ひとりが地球環境について考え、環境に負荷を与えない活動をすることが大切であると考えております。地球環境に負荷を与えない製品の開発をはじめ、生産活動、企業活動など各局面において環境への負荷低減活動を推進しています。
具体的な活動としては、毎年、各工場、各部門ごとに私たちの企業活動が環境にどのような影響を与えているか評価し、環境保全プログラムを作成し活動を行い、継続的改善に向けて社員全員参加で活動しています。

【環境理念】

7工場(自動車部品の生産、情報環境機器部品の生産、外販用設備・金型の製作)は、環境保全を地球規模の重要課題との認識に基づき、環境経営を事業活動の根幹にして地球環境の保全に積極的に寄与する。
このため、環境マネジメントシステムを事業活動の重要基盤の一つと定め、事業活動により環境に影響を与える項目に関して継続的改善を実施し、地域社会との調和を図る。

【環境関連法令等の遵守】

① 環境保全に関する諸法令及び同意するその他の要求事項を最低限の遵守事項とし、更に自主的な環境管理基準を設定し、一層の環境保全を図る。

【環境目的と目標の明確化】

② 事業活動による環境への影響を調査及び評価し、主要な要因を効果的に低減又は削減するため、技術的、経済的に可能な範囲で達成すべき環境目的および目標を設定する。
環境目的および目標を達成するために、開発から物流まで環境負荷の少ないものづくりおよび設備づくりに取り組む。

【環境マネジメントシステムの継続的改善】

③ 7工場の環境目的および目標を達成するために計画を立案し、実施し、成果を評価し、更に次なる改善につなげる。

【汚染の予防・環境保護】

④ 環境保全活動を行う環境マネジメントシステムを構築し推進すると共に、不測の事態の未然防止、リサイクル、資源の有効利用、埋立て廃棄物の削減等の適切な汚染の予防活動と共に環境保護活動を行う。

【責任と役割の明確化】

⑤ 環境保全活動推進のために、7工場全ての組織及び従業員が活動できる環境管理組織を構築する。

【持続可能な資源の利用と削減】

⑥ 持続可能な資源の利用、エネルギーの節約、再資源化、廃棄物の削減及び油類管理の体制改善を推進し省資源・省エネルギーに努める。

【内部監査の実施】

⑦ 内部監査を実施し、自主管理による環境マネジメントシステムの一層の改善、維持向上に努める。

【環境方針の周知と公開】

⑧ この環境方針は、文書化し、実行し、維持し、かつ全従業員に周知すると共に環境保全に関して教育と訓練を行い、その意識を高め、本方針にそった行動を促す。
この環境方針は、社外にも公開する。

2016年9月1日 フタバ産業株式会社 取締役 専務執行役員 岩月 幹雄

ページトップへ戻る