FUTABA フタバ産業株式会社

  • 標準

製品・技術情報

技術情報

研究開発

自動車

開発期間の大幅短縮や設計段階からの性能評価、コスト低減のための試作レスなどの課題に対して、CADやCAEなどIT活用により対応しています。 もちろん実車を用いた各種の性能テストにも万全の体制で臨んでいます。

多軸ロードシュミレーター

多軸ロードシュミレーター

実車路面入力を再現した入力条件で、シャシ部品の耐久性評価を実施します。

多軸加振機

多軸加振機

凹凸路面走行時の車両の動きを再現し、排気系部品の耐久性を確認します。

無響室・シャシダイナモ

無響室・シャシダイナモ

排気系部品の消音性能や耐久性確認が車両で行えます。

エンジン耐久ベンチ

エンジン耐久ベンチ

排気ガスの熱やエンジン振動に対する排気系部品の耐久性をエンジンを使って確認します。

μ-SHED

μ-SHED

ガソリン蒸気の部品からの放出量を試験、評価します。

12.5トン加振機

12.5トン加振機

DPFなどの重量物を高周波で電磁加振し耐久性を確認します。

情報環境機器
環境室

環境室

環境室

様々な温度・湿度による製品の試験評価を実現します。

半無響室

半無響室

半無響室

用紙送行時の静粛性を高めるための実証設備です。

性能評価装置(自社開発品)

性能評価装置(自社開発品)

性能評価装置(自社開発品)

お客様との仕様を満足する性能を実現するため、様々な項目を試験評価出来る設備を自社開発しています。

複写機、プリンターなどの紙送り部分をユニットとして受託開発し供給出来るよう、お客様との3次元データの共有による同時設計やCAE解析による試作回数の削減、開発期間の短縮などを実現しています。品質保証及び性能向上のため、様々な試験評価の実施をしています。

情報環境機器

ページトップへ戻る