フタバ産業 2018年新卒採用サイト

営 業
鬼頭 那奈Nana Kito
入社年:2012年

現在の仕事内容

営業のメインの仕事は受注活動と価格交渉です。お客様が新たな車を開発する際、いかにフタバが安く良い部品を製造できるかをアピールし、仕事を獲得できるよう取り組みます。受注決定後から車の生産開始までの間にも部品の形状は変わりますので、都度現状に合った見積をお客様へ提出しています。もうひとつの重要な業務は、会社の窓口となることです。お客様の要望を正しく社内に伝えて回答すること、お客様の生産情報をタイムリーに社内に展開して活用してもらうことを意識しています。また、営業が主体ではありませんが、生産開始後も生産効率を上げるためにお客様と共同で実施する改善活動に参加するなど、仕事の受注から生産開始後まで常に部品に関わることができる仕事です。

仕事をする上で感じているやりがい

①仕事に必要な知識を得る上で、他部署の人との関係を築ける→②教えてもらった知識を基に自信を持って受注活動をできる→③しっかりと知識を得てから話すことで、お客様の信頼を得られる→④受注につながる この流れに沿って円滑に仕事が進んでいるときにやりがいを感じます。社内には、設計・製造に関わるスペシャリストが数多くいますが、実際にお客様と直接交渉するのが、何のスペシャリストでもない営業の人間です。営業の私たちがお客様と対等に話ができるよう、社内のスペシャリストから知識を分けてもらい、自分の業務に活かせることがとても楽しいです。

仕事をする上で心がけている事

他部署の協力があってこそ営業は仕事ができるのだ、という気持ちを忘れないようにしています。会社の窓口となり仕事を受注してくる営業の仕事を誇りに思ってはいますが、営業だけで完結できる仕事は何一つありません。設計に図面を書いてもらい、生産技術に工程を考えてもらい、調達に外注品の価格を決めてもらい・・・多くの部署に助けられて、ようやく私たちは仕事をすることができます。立場によって主張が異なるのは当然で、時には他部署とぶつかることもありますが、自分の非力さ、周りへの感謝の気持ちをこれからも忘れずにいたいです。

今までで一番印象に残るエピソードを教えてください

毎日のように怒られ、涙をこらえながら仕事をしていた入社1年目の日々は何年経っても忘れられず、今の私のベースになっています。よく「成功体験を大切に」という言葉を聞きますが、私の場合は苦しい経験を重ねたからこそ今の自分があるのだと思います。当時の上司の厳しさのおかげで多少のことでは動じなくなりましたし、今では書類作成時などにもあまり直しが入ることもなく、あの時学んだことは確実に自分の力になっているのだと実感しています。右も左もわからず怒られるのは辛いことでしたが、矯正の効く最初のうちに厳しく指導していただいたことに感謝しています。

5年後の自分のイメージ(なりたい将来像)

「仕事をする上で心がけていること」でもお答えしましたが、他部署への感謝の気持ちを絶やさない人間でありたいですね。今の私はまだまだ未熟で、目の前の業務に必死で余裕がなくなると、感謝の気持ちはすぐに忘れてしまいがちです。もっと仕事ができる人間になりたい、というのはもちろんですが、どんなに知識を増やしても他部署の協力がなければ私の仕事は前に進みません。他部署との和を大切にできる人間になることで、「あの人のためなら協力しよう」と思ってもらえる人間になること、その結果、円滑に仕事を進められる人間になることが目標です。

学生の皆さんへのメッセージ

入社当時は今以上に何もできませんでした。仕事面では先輩社員に敵うはずもないので、自分の存在意義を手に入れるためにエクセルを必死で勉強しました。社内にはパソコンが苦手な方もいらっしゃるので、資料作成の際に頼りにしていただき、少しだけ「自分がここにいる意味」を感じることが出来ました。同じ理由で英語学習に取り組んだ時期もありました。理系出身の技術部の方々に一方的に教えてもらうのではなく、時には彼らの英訳をお手伝いすることで相互に価値のある関係を築きたいと思ったからです。仕事のことは仕事を始めなければわかりません。でも、時間のある学生のうちだからこそ学べることもたくさんあると思います。残り少ない貴重な学生生活かと思いますが、入社後に私のように肩身の狭い思いをしないためにも、何かひとつ誇れる武器を身につけることに時間を割いてみてはいかがでしょうか?

1日のスケジュール
8:00メール、書類確認
9:00試作手配、納期調整、見積作成
11:00客先打合せ
12:05昼休憩
12:50対応中案件の進捗フォロー
14:00社内打合せ
15:30量産見積対応、まとめ
16:00企画書の修正、資料の収集
17:00帰宅
関連する仕事

Top