フタバ産業 2018年新卒採用サイト

生技開発
小林 亨Toru Kobayashi
入社年:2011年

現在の仕事内容

新規開発アイテム(製品)を生産するための、新工法・新技術の開発を行なっています。レーザー加工開発グループに所属していて、レーザー溶接を用いた新工法の開発を行っています。現在はレーザー溶接モニタリングシステムに取り組んでおり、今まで人の手で行っていたレーザー溶接の良否判断を、自動で判断できるようなシステムの開発を行っています。レーザーグループではありますが、アーク溶接、プレス工法などの業務も担当しており、レーザーの枠にとらわれず幅広く開発しています。

仕事をする上で感じているやりがい

フタバ内で誰もやったことのない新技術・新工法を担当する事が多く、右も左もわからないところからスタートし、それが段々と形になっていく姿を見ていくととても面白く感じます。ただ、やったことのないことなので、当然失敗することも多いです。なぜ失敗したのか理論的に推測し仮説を立て、次の実験で狙った通りの結果が出てきた時にもやりがいを感じます。

仕事をする上で心がけている事

自分ひとりだけで考えず、人に相談することを心がけています。フタバ内にはプレス・溶接など各方面のスペシャリストが数多くいるため、実験結果に詰まった時など相談するようにしています。自分だけで考えているときより、新たな発見や知識が増え、スムーズに業務が進みます。円滑に業務が進むように、普段の何気ない会話も積極的にコミュニ―ションをとるように心がけています。

今までで一番印象に残るエピソードを教えてください

入社後、最初に担当した製品の生技要件確立にとても苦労しました。自分ひとりではとてもできず、各関係部署に協力してもらいながら、なんとか無事に立ち上がりました。街中でその製品が搭載された車を見かけると、うれしさ反面、苦い記憶がよみがえってきます。私の業務は前工程であることがほとんどですが、その時の経験を活かし、常に後工程を意識して仕事に取り組むようにしています。

5年後の自分のイメージ(なりたい将来像)

幅広くさまざまな知識を持った人物になりたいです。始めは広く浅くとなってしまうと思いますが、少しの経験だとしても一度経験のある分野が数多くあると、新しい発想が生まれやすいと考えています。自分の知識を広げるため、今の業務から少しでも多くの知識を得ていきたいと思います。

学生の皆さんへのメッセージ

難しいことだとは思いますが、自分のやりたい事、将来の自分のビジョンをしっかりと持つことが大事だと思います。それを踏まえたうえで、企業選択を行っていくと、就職活動もスムーズに進むのではと思います。フタバ産業は若手のうちから、やりたい事・チャレンジを応援してもらえる場所だと思います。皆さんの将来の居場所がフタバ産業であると嬉しいです。

1日のスケジュール
7:50出社
8:00~業務の確認、メール整理
9:00~工場間移動
9:40~トライ
12:05~12:50お昼休憩
15:00~工場間移動
15:40~データ解析
17:00帰宅
関連する仕事

Top