フタバ産業 2018年新卒採用サイト

調 達
長坂 光章Mitsuaki Nagazaka
入社年:2010年

現在の仕事内容

お客様である自動車メーカーからの新規部品オーダーに対して、社内で製造しない部品を社外の調達先に手配するのが主な業務です。部品を手配すると同時に、価格の交渉も行います。自分が決定した価格がそのまま会社の利益に直結するので、適正価格かどうかを判断することが重要になります。また価格だけでなく、納期の調整や進捗状況のフォローも行います。品質、コスト、納期、そのすべてに携わる部署なので、様々な知識や、ビジネスの流れが身に付く大変勉強になる仕事です。

仕事をする上で感じているやりがい

部品を手配する時は、ただ単に安い価格で購入できれば良いというわけではなく、調達先も納得できる適正な価格で購入することが重要です。お客様、当社、調達先の三者の経営に関わってくる重要なことなので、価格の交渉が調達の仕事の中で一番難しい業務ですが、その分お互いが納得できる価格で手配できた時に大変やりがいを感じます。 また、自分が手配した部品が自動車の一部となって市場に流通し、街で走っているのを見かけると、自分の仕事が社会とつながっていることが実感できるので、とても嬉しいです。

仕事をする上で心がけている事

人とのつながりを大切にすることを心がけています。 私が所属する部品調達部は、お客様、調達先、他部署の方々など様々な立場の人と協力して仕事を進めていきます。お互いが気持ちよく仕事ができるように、積極的にコミュニケーションをはかっています。例えば、自らきちんとあいさつをし、礼儀や礼節を重んじる。当たり前のことですが、人との関わりが重要な部署なので、円滑なコミュニケーションを特に心掛けています。

今までで一番印象に残るエピソードを教えてください

入社して初めて部品を手配した時のこと。車のボディの部品だったのですが、右も左も分からない状態で、何を根拠に価格を決めたらいいのか四苦八苦しました。上司に相談に乗ってもらいながら、何度も調達先に確認して、最後の価格決定までやり抜くことができました。自分が手配した部品が車となり、無事に販売されたのを確認できた時はとても嬉しかったですね。

5年後の自分のイメージ(なりたい将来像)

入社前から海外で働いてみたいという夢があるので、今はグローバルに活躍できるバイヤーになることが目標です。海外への思いが、フタバへ入社する決め手にもなりました。 海外拠点がこれからますます増えていくと思うので、それに伴い海外で部品調達する機会も増えていくと思います。まだまだ半人前ですが、経験を積み、語学を学び、コミュニケーション力を高め、どこに行っても通用する人間になりたいです。

学生の皆さんへのメッセージ

この先、どんどんグローバル化が進んでいくので、何事にも積極的に取り組み、どんな国や地域でも仕事ができるような人間になれるといいと思います。当社は、大変な仕事も多いですが、調達では経営の勉強ができますし、会社全体で見ると、ビジネスの武器となる非常に高い技術力を持っています。ゼネラリスト、スペシャリストどちらも目指せる環境が整っていると思います。 前向きに自己を成長させたい、そんな方と共に働きたいです。 一緒に頑張っていきましょう。

1日のスケジュール
8:00メール・書類確認
9:00新規手配部品発注先選定
12:05昼休憩
12:50価格交渉及び発注先決定
15:00手配状況進捗フォロー
17:10退社
関連する仕事

Top