FUTABA フタバ産業株式会社

  • 標準

企業情報

沿革

年代 主な出来事
1940年代 45年:フタバ産業設立
48年:自動車部品の生産開始
※会社設立当時は、漁網機やパイプ製家具を生産していました。

昭和30年頃の岡崎工場

フタバ式動力本目編網機

1950年代 57年:名古屋工場を新設
57年:緑工場を新設

1959年当時の緑工場(正門側より撮影)

1960年代 61年:事務機器部品の生産開始
66年:本社並びに岡崎工場を岡崎市中町より岡崎市橋目町に移転
68年:名古屋証券取引所第二部へ上場
69年度の売上高が100億円を突破(130億円)
69年:安城工場を新設

事務用複写機のフレーム生産風景(緑工場)

新本社・岡崎工場

1970年代 70年:トヨタ品質管理賞を受賞
71年:六ツ美工場を新設
79年度の売上高が500億円を突破(526億円)

トヨタ品質管理賞盾

建設当初の六ッ美工場

1980年代 80年:東京証券取引所第二部へ上場
80年:田原工場を新設
81年:高橋工場を新設
85年:PM優秀事業場賞受賞
86年:東京証券取引所・名古屋証券取引所第一部へ上場
86年:株式会社アピックスを子会社化
89年度の売上高が1000億円を突破(1050億円)

PM賞優秀事業場賞第1類現場審査時の

株式会社アピックス

1990年代 91年:佐賀県伊万里市に株式会社フタバ伊万里(現:フタバ九州)を設立(平成4年11月稼動)
93年:幸田工場を新設
94年:アメリカイリノイ州にFIC America Corp.を設立
97年:ISO9002認証を幸田工場で取得
97年:本社社屋を旧事務所跡地に竣工
99年:インドネシアにKFNを設立

フタバ九州

P.T.Komponen Futaba Nusapersada

2000年代 00年:ISO14001認証を取得(六ツ美工場)
00年:株式会社フタバ平泉を設立(同年10月稼動)
00年:イギリスにFTUKを設立
01年:ISO14001認証を取得(本社・岡崎工場、緑工場)
01年:香港に雙葉科技公司を設立
01年:アメリカインディアナ州にFIAを設立
02年:12月ISO14001愛知県内全7工場取得完了
02年:中国天津に天津双協機械工業有限公司を設立
02年:カナダオンタリオ州にFIOを設立
02年:チェコにFCZを設立
03年度の売上高が2,000億円を突破(2,194億円)
04年:中国に天津双叶協展機械有限公司を設立
04年:株式会社フタバ知立がスタート(菱和金属工業を買収)
04年:名古屋工場を閉鎖
04年:中国に広州双叶汽車部件有限公司を設立
04年:イギリスにFIUKを設立
05年:アメリカテキサス州にFITを設立
05年:中国に東莞双叶金属制品有限公司を設立
05年:フタバ伊万里(現:フタバ九州)宮田工場が操業を開始
06年:株式会社フタバ知立を吸収合併し、フタバ産業株式会社知立工場を新設。
06年:株式会社フタバ伊万里(現:フタバ九州)直方工場が操業を開始
07年:中国に双叶金属制品(深圳)有限公司を設立
07年:インドハリヤーナー州にFMI Automotive Components Ltd.を設立
11年:中国に双叶(常州)管理有限公司を設立
11年:アメリカにFutaba North America Engineering&Marketing Co.を設立
11年:インドネシアにPT,Futaba Industrial Indonesiaを設立
12年:中国に長沙双叶汽車部件有限公司を設立
12年:中国に重慶福達巴汽車部件有限公司を設立

株式会社フタバ平泉

Furaba-Tenneco(U.K)Ltd.

雙葉科技公司

Futaba Indiana of America Corp.

天津双協機械工業有限公司

FIO Automotive Canada Corp.

Futaba Czech s.r.o.

天津双叶協展機械有限公司

株式会社フタバ知立

広州双叶汽車部件有限公司

Futaba Industrial U.K. Ltd.

ページトップへ戻る