沿革

1945年

フタバ産業設立

電元社製作所の技術者数名と三菱重工名古屋航空機製作所の中村孝らが、フタバ産業として起業しました。
「栴檀は双葉より芳し」ということわざから、「フタバ産業」と名付けました。

1945年~1948年

創業時

会社設立当時は、漁網機やパイプ製家具を主に生産していました。

1948年

自動車部品の生産開始

パイプ製応接セット等で培った曲げ・溶接・塗装技術を、自動車部品へ応用しました。

1957年

名古屋工場を新設

緑工場を新設

1961年

事務機器部品の生産開始

1962年

緑工場に研究施設を設置

1966年

本社並びに岡崎工場を岡崎市中町より岡崎市橋目町に移転

1968年
名古屋証券取引所第二部へ上場
1970年

トヨタ品質管理賞を受賞

鉄製のキャニスター量産開始

1971年

六ツ美工場を新設

シャシー部品量産開始

1974年

インパネリインフォース量産開始

1980年

田原工場を新設

世界初造管ベンダー実用化

東京証券取引所第二部へ上場

1981年

高橋工場を新設

1985年

PM賞優秀事業場賞受賞

1986年

(株)アピックスを子会社化

東京証券取引所・名古屋証券取引所第一部へ上場

1989年

ステンレス製のエキゾーストマニホールド量産開始

1991年

佐賀県伊万里市に㈱フタバ伊万里(現:フタバ九州)を設立

1993年

幸田工場を新設

1994年

アメリカイリノイ州にFIC America Corp.を設立

1997年

本社社屋を旧事務所跡地に竣工

ISO9002認証を幸田工場で取得

2000年

岩手県西磐井郡に㈱フタバ平泉を設立

イギリスにFTUKを設立

ISO14001認証を取得(六ッ美工場)

2001年

香港に雙葉科技公司を設立

アメリカインディアナ州にFIAを設立

ISO14001認証を取得(本社・岡崎工場・緑工場)

2002年

中国天津に天津双協機械工業有限公司を設立

カナダオンタリオ州にFIOを設立

チェコにFCZを設立

ISO14001愛知県内全7工場取得完了

2004年

DPF(商用車向)の量産開始

中国に天津双叶協展機械有限公司を設立

愛知県知立市に㈱フタバ知立(現:知立工場)がスタート

中国に広州双叶汽車部件有限公司を設立

イギリスにFIUKを設立

2005年

アメリカテキサス州にFITを設立

中国に東莞双叶金属制品有限公司を設立

佐賀県伊万里市に㈱フタバ伊万里(現:フタバ九州)宮田工場が操業開始

2006年

排気熱回収器POWEREV®量産開始

福岡県直方市に㈱フタバ伊万里(現:フタバ九州)直方工場が操業開始

(株)フタバ知立を吸収合併し、知立工場を新設

2007年

中国に双叶金属制品(深圳)有限公司を設立

インドハリヤーナー州にFMI Automotive Components Ltd.を設立

2011年

中国に双叶(常州)管理有限公司を設立

アメリカにFutaba North America Engineering&Marketing Co.を設立

インドネシアにPT,Futaba Industrial Indonesiaを設立

2012年

中国に長沙双叶汽車部件有限公司を設立

2015年

ホットスタンプライン初導入 ホットスタンプ部品 量産開始

扁平巻締めマフラー 量産開始

TS16949認証を取得

ISO9001認証を取得

2017年

農業分野へ進出 CO2貯留・供給装置の販売開始

インドグジャラート州にFutaba Industrial Gujaratを設立

イギリスFTUKの会社名をFMUKへ社名変更

2018年

IATF16949認証を取得

2019年

イギリスFIUKがFMUKへ経営統合